マンションの売却はタイミングと不動産の力量で決まります

私が不動産売却を行う際に注意した事とは

"不動産物件が厄介なのは、ただ所有しているだけでも税金等の維持費が掛かる事です。私も以前、将来自宅を建てるためにと当時お得だと思えた土地を購入しました。所がその後、仕事の事情もあってその土地に自宅を建てるのを断念した事があったのです。その際にしばらくは空き地のまま所有していたのですが、維持費が勿体ないと感じて売却する事にしました。 そこで近所の不動産業者に相談に行きましたが、その担当者がうちに任せてくれる様にと熱心に誘って来たのです。ですが査定した金額が思ったより安かったので、私は納得が行かない気持ちが生まれました。だからこそそんな直感を信じて、別の不動産業者にも査定をお願いする事にしたのです。 土地の売却という大きな決断なので、プロとはいえ担当者の話を鵜呑みにし過ぎない様に注意していました。そうして私は全部で5つの不動産業者に査定して貰った所で、最初の不動産業者の査定額はかなり低い事が判明したのです。担当者は査定額に関してもっともらしい説明をしていましたが、おかしいと思えた私の直感は正解でした。 そうして私は、5社の中で2番目に高い査定で対応が丁寧だった不動産業者を選んだのです。すると半年近く時間は掛かりましたが、私が希望する範囲の金額で不動産売却に成功しました。結果的に、自分の直感を信じて良かったです。"

マンション売却で二つの不動産会社を利用してみて私が不動産売却を行う際に注意した事とは不動産会社によって販売方法や力量も異なる大手の不動産会社でニーズに合った顧客に売却できた